News

お知らせ

【プレスリリース】TOKAI RIKA Digitalkey、社用車利用・管理を効率化するシステム「FREEKEY 社用車予約」を開発

〜利用者/管理担当者にかかる時間と手間を削減し、業務効率化に貢献〜

株式会社東海理化(本社:愛知県丹羽郡大口町、代表取締役社長:二之夕 裕美、以下「東海理化」)と株式会社 dotD(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:小野田 久視、以下「dotD」)による戦略的協業ビジネスTOKAI RIKA Digitalkeyは、予約/運行日報/車両点検実績を一元管理でき、デジタルキーによって鍵の解錠/施錠ができる社用車管理システム「FREEKEY 社用車予約」を開発しました。2021年9月より実証実験を始め、2022年1月に本格運用を開始する予定です。

社用車管理においては、未だ多くの企業が出張記録を紙や自席パソコンでの入力で行っているため、車両利用者/管理担当者にとって煩雑で手間のかかる点が課題となっています。また、鍵を受け取るためだけに、管理部署や休日に会社に寄る必要があるなど、物理的な鍵の受け渡しに時間を要しているケースも多く見受けられます。

<FREEKEY 社用車予約の3つの特長>

  1. スマートフォンによって解錠/施錠が可能

    社員がシステム上で車両を予約すると、自動的に社員のスマートフォンアプリにデジタルキーが配信されます。アプリを介して車両の解錠/施錠が可能になり、物理的な鍵が不要となります。また、クルマの鍵をデジタルキー化することで、車両利用者や鍵の管理者も煩雑な受け渡し業務が不要となり、鍵の紛失・置き忘れといったトラブルも回避することができます。 (※1)

  2. 車両点検・運行日報等の各種業務もスマートフォンで実施可能

    乗車前と後の車両点検内容の入力や運行日報の記入等、社用車を使用する際に時間を要する各種業務もスマートフォンから実施可能となり、利用者の利便性と業務の効率化を図ります。

  3. 社用車の利用実績状況見える化により、台数最適化に貢献

    システム上で、車両の利用予約から鍵の受け渡しまで行えるため、円滑に社用車を使用することができます。また、社用車の利用実績状況や使用頻度を見える化し、社用車台数の最適化に繋げることにより、企業のコスト削減も可能にします。

今後もTOKAI RIKA Digitalkeyは、東海理化のキーセキュリティ技術の実績とdotDが持つデジタルテクノロジーとソフトウェアビジネス化のノウハウを結集し、より便利で安心安全な社会の実現へ貢献してまいります。

<FREEKEY 社用車予約 スマートフォン画面イメージ>

 

※1 TOKAI RIKA Digitalkeyが提供する車載スマートデバイス「FREEKEY Box」にクルマの物理的な鍵を入れた状態で車内に設置するだけで、スマートフォンアプリ操作による鍵の解錠/施錠が可能となる仕組みです。工事不要の後付け設置なのでコストも手間もかからず導入でき、さらにBLE通信のため、インターネットが使用できないオフライン環境でも鍵の解錠/施錠が可能です。BLE(Bluetooth Low Energy):電子機器などに使われる低消費電力の無線通信技術。

【参考】

・FREEKEY 社用車予約 ウェブサイト
https://ccr.freekey.info

TOKAI RIKA Digitalkey ウェブサイト
https://digitalkey.jp

・会社URL
株式会社東海理化 http://www.tokai-rika.co.jp
株式会社dotD https://dotd-inc.com

【本プレスリリースに関する問い合わせ先】

株式会社東海理化

担当:総務部 広報室(0587-95-5211)

株式会社dotD

担当:清水 (080-5384-8910)