News

お知らせ

【プレスリリース】dotDと東海理化のクルマ向けデジタルキーシステムをDeNA SOMPO Mobilityの「Anyca(エニカ)」へ提供することを発表しました

非対面のやり取りで受け渡しを簡略化し、安全性・利便性を向上

本日12月23日、当社株式会社dotDと株式会社東海理化が戦略的協業をしているTOKAI RIKA Digitalkeyの「FREEKEY for CAR」が、株式会社DeNA SOMPO Mobilityの個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」へ導入されることが決定し、2021年3月より提供が開始されることを発表いたしました。


「FREEKEY for CAR」の「FREEKEY BOX」は取付工事等することなく、トランク、助手席等のスペースに設置ができ、さらに、クルマの所有者が第三者へ期間を指定して、スマホへ鍵の利用権限を付与することができ、家族間やカーシェアリングのシーンにも幅広くご利用いただくことができます。
この「FREEKEY for CAR」の導入により、「Anyca(エニカ)」のオーナー(持ち主)とドライバー(利用者)は非対面でクルマの鍵の受け渡しが可能となります。また、安全面の確保だけでなく、クルマと鍵を受け渡すための場所や、互いの待ち合わせ時間が不要となり、利便性が向上します。
◆「FREEKEY BOX」対応車種数、約300車種(2020年11月現在、順次対応数拡大中)

「FREEKEY for CAR」の「Anyca(エニカ)」へのサービス提供イメージ

導入に際して、「FREEKEY for CAR」からAPI/SDK※を提供することにより、大規模なシステム開発をすることなく、セキュリティ技術を考慮したBLE通信※によるデバイス操作機能、権限管理機能、各種ログデータを「Anyca(エニカ)」で管理するシステムへ連携します。また、オーナー/ドライバーは別のアプリのダウンロードをすることなく「Anyca(エニカ)」アプリより直接利用期間の指定やドアの開け閉めをすることができます。


※API(Application Programming Interface):プログラムを連携させる仕組み ※SDK(Software Development Kit):ソフトウェアを開発するために必要なプログラムや文書などをひとまとめにしたパッケージ
※BLE通信(Bluetooth Low Energy):電子機器などに使われる低消費電力の無線通信技術



■株式会社DeNA SOMPO Mobility https://ds-mobility.jp/
社名:株式会社DeNA SOMPO Mobility
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目21番1号 渋谷ヒカリエ
代表者:代表取締役社長 中島 宏
事業内容:Anyca(エニカ)の運営を中心としたカーシェア事業
設立年月:2019年3月

「Anyca(エニカ)」について( https://anyca.net/ )
DeNAとSOMPOホールディングスの合弁会社であるDeNA SOMPO Mobilityが運営する“乗ってみたい”に出会えるカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、個人のクルマを、使っていない時間にカーシェアシェアできるプラットフォームで、希望のクルマをリーズナブルに楽しむことができます。マイカーオーナーにとっては、クルマにかかる維持費が軽減され、希望のマイカーが持ちやすくなります。カーシェアを利用するドライバーは、豊富な車種を利用できます。また、半分以上のクルマが24時間8,000円以下でシェアが可能です。個人間カーシェアだけでなく、1時間単位で利用可能な非対面でのカーシェア レンタカー形態も利用できます。累計登録台数は16,000台以上(750車種以上、登録会員数は35万人以上で、2015年9月のサービス開始から延べ21万日以上のカーシェアが行われています。(数値は全て2020年9月時点)



真:左「FREEKEY BOX」、中央はラゲッジスペースへの設置例、右「FREEKEY for CAR」アプリ操作イメージ

■関連URL
株式会社東海理化 http://www.tokai-rika.co.jp/
TOKAI RIKA Digitalkey https://digitalkey.jp


■プレスリリース原文
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000060864.html