News

お知らせ

【プレスリリース】「mean」が「onedog」へサービス名変更し、コミュニティ機能やAndroid版アプリも同時リリース。

当社で運営するおさんぽアプリ「mean(ミーン)」は、2020年11月4日よりブランディングアップデートに伴い、サービス名を「onedog(ワンドッグ)」へ変更しました。


サービス名変更の狙い

1. 「犬」を中心に世界を「ひとつ」にしていきたいという想いを表現
犬と人、人と人をつないで家族やコミュニティのコミュニケーションに好循環をもたらし、更には社会と社会、国と国をもひとつにして愛のある「ひとつ」の世界を作っていきたいという想いが込められています。

2. 世界中どこでも幅広く愛されるサービスに
現在は日本国内を中心にサービス提供していますが、今後は日本以外の国の犬と人間の暮らしも積極的にサポートしていこうと考えています。その際、世界中どこでも幅広く愛されるようなサービス名にしたく、意味がブレることのない易しい単語をつなげて「onedog」というサービス名にしました。


コミュニティ機能・Android版アプリの同時リリース

今回のブランディングアップデートで行ったコンセプト変更に伴い、新規機能のコミュニティ機能とAndroid版アプリをリリース致しました。これまでは、家庭内での愛犬と家族を繋げる機能を主にご提供してきましたが、今後はこのコミュニティ機能を通じて繋がれる範囲を更に広め、犬種・年齢・悩みなど、共通のテーマで話せる「オーナー同士のオンラインコミュニケーションの場」を提供することにしました。
また、これまでiOS版アプリのみでのご提供でしたが、Android版アプリのご提供を開始し、更に幅広いユーザー様にご利用頂けるようになりました。

■愛犬の健康管理とコミュニティアプリ【onedog】

https://onedog.io/ja/app/index.html

■プレスリリース原文
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000060864.html